さく旅

あちこち行きたくてチョロい私の旅行記

イタリア旅行記 準備編 予約・持っていってよかったもの

イタリア旅行に際して行った準備を記します。

事前に予約したもの

パッケージツアー

とにかく「イタリア=軽犯罪が多い」と聞いていました。風の噂ではなく、近しい人の体験談があまりにも多かった

そんな理由から前述のとおり、添乗員付きのプランを検討していた

…のですが、GWに差し掛かるハイシーズン。少々出遅れ、決定が1月末になったせいで条件のいいツアーは軒並み満員。行き先は変えたくなかったので、様々な旅行記を参考にしつつ、一応海外経験もあるし…と、思い切って同行者なしのフリープランを予約しました。

結果的に、我々には断然フリーが合っていたと思います。

ただ、この選択にはおそらく向き不向きがあるので、詳しくは別記します。

 

f:id:sa00ku:20190527113413p:plain

今回はT-TRAVELを利用。

失礼ながら存じ上げなかったのですが、TSUTAYAの子会社が運営しているとのことで納得。何度か問い合わせのお電話をしましたが、すぐにつながり、対応も迅速でピシっとしていてありがたかったです。

 

内容は

7泊8日(ミラノ2泊・ヴェネツィア1泊・フィレンツェ2泊・ローマ2泊)

往復直行便アリタリア航空

ホテル(スーペリアクラス。宿泊先は出発2週間前までに指定される)

移動のユーロスター乗車券(午前発/昼着。時間は2週間前までに指定される)

空港⇔ホテルの送迎(オプション。乗り合いではなく、個人ドライバー)

これで、空港税など含め、ひとり30万円弱でした。

 

オプショナルツアー&チケット

全くの自由行動も不安なので、要所で日本人ガイド同行のツアーに申し込みました。これもいい行程のものは売り切れがちだったので、やはり早めが吉かと。

また、入場券のみ予約したものもあります。日本語対応の代理店サイトか公式サイトから予約可能。公式サイトは英語表示にできるし、色々な方が記事にしてくれているし、何より一番安上がりなのでおすすめです。ただ、イタリアはマイナーチェンジが日常茶飯事なようなので、注意深く進めた方がいいと思います。

ミラノ 最後の晩餐見学+市内観光

イタリアの観光 現地オプショナルツアー予約なら[みゅう]

ヨーロッパ専門のツアー会社・みゅうから予約。ドゥオモの聖堂・スカラ座博物館→バス車窓からの市内観光→サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(最後の晩餐鑑賞)という流れ。

最後の晩餐は完全予約制。個人での予約もできますが、すでに売り切れていたのでツアーに申し込みました。

 

・ミラノ ドゥオモ屋上見学

PLAN YOUR VISIT - Duomo di Milano OFFICIAL SITE

先述のツアーに組み込まれているのは聖堂内だけなので、公式サイトからテラスに上がるための別チケットを買いました。

上がる方法は色々ありますが、我々は一番安い階段を選択。

 

フィレンツェ ウフィッツィ美術館優先入場券

イタリアのチケット - Voyagin(ボヤジン)

Official ticketing page | Uffizi Galleries

こちらはチケットのみの予約。日本人ガイド付きツアーは軒並み売り切れてました。

何でリンクが2つかというと、間違えてダブルブッキングしてしまったからです(笑)詳しくは後述。

 

・ローマ ヴァチカン美術館+システィーナ礼拝堂・サンマルコ大聖堂見学

イタリア旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)

こちらはオプショナルツアーのポータルサイト・VELTRAから、GREEN LINE TOUR社のものを。ヴァチカンは連れていってもらった方が楽そうだったので、ガイド付きのツアーを予約。美術館が死ぬほど混んでいたので、ツアーにして正解でした。

 

ポケットWi-Fi

f:id:sa00ku:20190527114023p:plain

イタリアで使えるWi-Fiレンタル|海外Wi-Fiレンタルならフォートラベル GLOBAL WiFi

比較してお得だったのでこちらで。盗まれたらその時は弁償、と思ってあらゆる補償を省いて3240円。お得。

 

持っていってよかったもの

防犯重視の洋服やバッグ

f:id:sa00ku:20190527115040j:plain

・マジックテープ&ジッパー付きのメッセンジャーバッグ

・首からかけるパスポートケース

・内ポケットつきのウィンドブレーカー など

とにかく今回はおしゃれは二の次、防犯できるかどうかで持ち物を選びました。

これが幸いしたのか、ただお金を持ってなさそうに見えたのかはわかりませんが、何ら怖い目に遭わずに済みました。

ただ、オプショナルツアー中、同行の方がジプシーに狙われていたりもしたので、防犯のために個人的に気をつけていたことについては別途記そうと思います。

 

セルカレンズ

2人きりの旅なので、毎回誰かに撮ってもらうわけにもいかないだろうと思い持参。ケラレ(レンズの映り込み)のない、ちょっといいものを買い直しました。

f:id:sa00ku:20190527124552p:plain

自撮りはもちろん、教会・高台・美術館などで広角の写真・動画を撮るのにとても役立ちました。天気のいい日は特に、iPhoneでも十分きれいに撮れるので、本当に持って行ってよかったです。

 

折りたたみのボストンバッグ

おみやげをたくさん買うのは目に見えていたので、今回も例外なくUNIQLOのコンパクトにまとまるポケッタブルボストンバッグを持参。ナイロンで軽くて丈夫で、しかも大容量なので重宝してます。

そろそろ定番アイテムはひとつの記事にまとめようかな、と思っているところです。

 

こんなところです。

次回より旅行記をスタートさせようと思います。

 

★イタリア旅行記の目次はこちら

www.sakutabi.site